FC2ブログ

ついでにチューっと吸ってもらうきっかけ

ここでは、「ついでにチューっと吸ってもらうきっかけ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つい、美容外科「ついでに吸引してください」と言ってしまった、そのきっかけは
南米メロドラマ、「愛と裏切りの秘書室
http://broadband.biglobe.ne.jp/store/drama/betty/index-st.html
(すごい…メロドラマなタイトル!)

一時これにはまって、寝不足になってました(笑)
(今、何話か、無料配信していますね。ご興味あったら見てくださいね。)

≪本題。≫
このドラマの中で会社内に「ブサイク組み」っていう人たちがいまして、主人公ベティは「ブサイク組み」のブサイクちゃんなんですね。

この「ブサイク組み」のなかの、名前忘れた(ベルタかな?)肥満ちゃんが、会社に1日間の有給届け出すんですね。

「今日、ダーリンに喜んでもらうように、脂肪吸引に行きたいので、お休みさせてください」

そして、物語では、1日間の有給をとっていた彼女が、手術当日の夕方会社に現れるんです。「どう?今日脂肪吸引して30kg減ったのよ~。みてみて~。」

…これにだまされました。
30kg減って、術後、職場に見せにいけるんだー、と気づかないうちに「脂肪吸引」洗脳されてました。

実際、「チューとすっちゃってください。」とお願いした私は、麻酔そのものの仰々しさ&麻酔切れてもOpeがおわってない辛さに、驚きでした

どこまで我慢すべきかな… お医者さんの気分害しちゃいけないよな…
いろんな気持ちの入り組む中、我慢にも限界が来るんですね。

「痛いです!」と大声だしました。

それにかえってきた言葉は
「そりゃ、手術ですから。」

妙に納得してしまいました。

カウンセリングでも、エステかなんかみたいに、気軽な雰囲気なんですが、実際に「手術」なんです。
チューって吸って、お腹ペタンコなんて気楽なもんじゃあないですよ。

30kgも減らないし(笑)

私はみぞおち(医者は胸部と呼んでいた)~腹部までの全体から吸引できたのは500gの脂肪でした。

体重46kg→45,5kg
何かがかわるのか?
ペットボトル500gくらい一揆飲みしたら同じ?

他院のドクターにも聞いてみたところ、「500gとれたの?上出来,上出来ー!」
だと…

つづく…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://biyoh.blog90.fc2.com/tb.php/11-288d88c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。